青髭を隠したい!お手軽な方法はコレ!

ゼロファクターのドンキ販売店舗情報

青髭を隠したい!お手軽な方法はコレ!

青髭を隠したい場合、即効かつ手軽な方法ってあるのでしょうか?手軽に青髭を隠したい場合の方法は主に5つあるのでご紹介していきましょう。

 

 

隠したい個所に化粧品を使う、脱毛クリームや抑毛ジェルを使う、毛抜きで抜く、脱毛器を買う、サロンへ行くという方法がありますのでそれぞれを説明しましょう。

 

目次
開く閉じる

 

青髭を化粧品で隠す

青髭を化粧品で隠す場合は、隠したい場所にコンシーラーを塗りパウダーで仕上げるという方法があります。メンズ用の化粧品は自然に肌に馴染む色合いなので、メイクをしていることはバレる心配はありません。

 

ただし、崩れてきたら塗り直す、ワイシャツにメイクがついてしまう、テクニックが必要な場合がありますので、ちょっと面倒くさいと思ってしまう方も多いですね。

 

脱毛クリーム・抑毛ジェルなどを使う

脱毛クリームは毛を化学処理して除毛していくという方法です。ただし、青髭には効果がないという報告も多く、肌荒れする割に効果なしって言う場合が多いんです。

 

抑毛ジェルの場合は即効性はありませんが、使い続けていくうちに少しずつ毛が目立たなくなっていきます。目立たなくなるまでにメイクでカバーするなどの併用もできる方法ですね。抑毛ジェルの中でも人気なのは、ゼロファクター5αSPローションが有名です。

 

毛抜きで髭を抜いて隠す

毛抜きで1本1本自分で抜いていく方法もありますが、一番お勧めできない方法です。髭を抜く時にかなり痛いですし、毛穴に雑菌が入って感染を起こす原因になります。

 

また、次に生えてくる毛が皮膚の中に埋没してしまい逆に青髭が目立ってしまう危険性もありますので、毛抜きで抜く方法は絶対にやってはいけませんよ。

 

 

自宅で脱毛器を使う

ケノンなどの自宅用の光脱毛器を使う方法も人気があります。ただし、毛が目立たなくなるまでにかなり時間がかかりますし、使ったらすぐに抜けるわけではありませんので、すぐに青髭を隠したい方にはかなり不向きな商品です。

 

値段も高いし、定期的にケアを続けていかなければいけませんのでかなり手間がかかってしまうので、あまりお勧めの方法ではありません。

 

 

脱毛サロンへ行く

脱毛サロンで毛を脱毛してもらったら、毛が生えてこなりますね。ただし、サロンで光脱毛をしても永久的に毛が生えてこなくなるわけではありません。最初のうちは何度も通わなければいけませんし、完全に目立たなくなるまでには1〜2年時間が必要なのでかなりお金がかかってしまいます。

 

しかも永久的ではありませんので、目立たなくなっても定期的に通う必要があります。予約が面倒、通うのが手間だという方も多いです。人気の脱毛サロンはリンクスやTBCがありますが、費用はちょっと高いという印象があります。

 

まとめ

青髭を隠す方法っていろいろありますが、手間が一番かからないのは、抑毛ジェルなどで毎日スキンケアをしていく方法ではないでしょうか。最近の男性は、毎日スキンケアをしているものですので、使っている化粧品を、ゼロファクターなどの抑毛効果が期待できるものに変えるだけという手軽さもあります。

 

 

また、敏感肌の方でも安心して行うことができる方法ですので、青髭に悩んでいるなら、抑毛ジェルは使ってみる価値はありますよ。

 

 

TOPへ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー
TOP 商品 青髭 モテる男

先頭へ戻る